早起きするための、たった1つのコツ|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

早起きするための、たった1つのコツ

早起きしたいけど、なかなか早起きできない・・・とお悩みの方に、早起きのたった1つのコツをお伝えします。

ただし、あなたに厳しい現実を突きつけることになるかもしれません(^_^;)
覚悟してください。

あれこれやってみたけれど

私も早起きするために、いろいろやりました。
目覚ましを手元から離れた所に置いたり、「朝起きたらコレをやる!」と決めてそれをやるようにしたり、早起きを身体に覚えさせるために毎朝必ず決まった時間に起きるようにしたり・・・

でも、長続きはしませんでした。
理由はただ1つ。

眠いから。

だから1度は起きても、結局は二度寝してしまうんですね。そして挫折・・・お決まりのパターンです(^_^;)

実は昨日まで、日の出の写真を撮って、TwitterやFacebookなどにアップしていたんですが、それも早起きするためにやっていたことです。

これさえやれば早起きできる!

ですが、今日から日の出の写真を撮るのをやめることにしたところ、今朝は4:55に起きることができました。夜明け前の早起きは久々です。

早起きできたのは、早起きのためのたった1つのコツを実践できたからです。
その「たった1つのコツ」は

早く寝る。

昨晩は、22:35に寝ました。睡眠時間は約6時間確保できています。だから早起きしても眠くないんですね。
まあ、起きた瞬間だけは眠かったですが(^_^;)

「早起き」という言葉から、起きることにフォーカスしがちなんですが、実は「いかに早く寝て、睡眠時間を確保するか」が大切なんですね。

早起きは、実は難しい

ただし、ここに早起きの難しさがあります。
早く寝ることって、自分では案外コントロールしにくいんですね。

上司命令で夜遅くまで残業する羽目になったり、飲みにつき合わされたり、家族が病気になって夜寝られなかったり・・・人とのかかわりの中で、夜遅くまで起きていなければならなくなる状況って、実は案外多いんですよ。

だから早起きには「早く寝る」という決意と行動のほかに、「早く寝られる時だけやる」という割り切りが必要です。そうでないと身体を壊してしまいますから、注意してくださいね。


「スキマ時間でホームページの原稿を作る!早速ホームページ原稿術(メルマガ講座)」は、毎朝6時過ぎに配信していますので、朝活の友としてお使いいただけます。
詳しくはこちらまで。

スキマ時間で自作