伝わる文章構成術の1つ「PASONAの法則」|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

伝わる文章構成術の1つ「PASONAの法則」

サービスの宣伝文の書き方でお悩みの方向けに、伝わる文章構成術の1つ「PASONA(パソナ)の法則」を紹介します。

私の仕事が減るかもしれないのであまり書きたくないんですが・・・他でも紹介されているので隠しても意味ありませんしね(^_^;)

PASONAの法則とは

人材派遣会社とは関係ありません(^_^;)

効果的に商品やサービスを宣伝し、買ってもらうために、
P→A→SO→N→A
の順に宣伝文を執筆する、文章構成術です。

(1) P:Problem(問題提起)
(2) A:Agitation(あぶりたて)
(3) SO:Solution(解決策と根拠)
(4) N:Narrow down(絞り込み)
(5) A:Action(行動)

なぜ3番目だけ「S」ではなく「SO」なのかは謎です(^_^;)

PASONAの法則の詳細

1つ1つ、詳しくお伝えしますね。

(1) P:Problem(問題提起)

「○○○○のあなた!◇◇◇◇◇でお悩みではありませんか?」といった形で、問題提起します。
読んだ人に「そうそう、私はこれで悩んでるのよね・・・」と思ってもらえれば、掴みはOKです。

(2) A:Agitation(あぶりたて)

Pで書いた問題をさらに深掘りして、問題を具体的にイメージさせます。
「放置すると○○○になってしまいますよね」という方向で「このままじゃヤバい」と不安を煽る書き方や、「私も○○○で悩んでいました。◇◇◇な状態になってしまうんですよね・・・」みたいに「コイツわかってるじゃん」と共感してもらえるような書き方をします。
私的には後者の書き方が好みです。
ここにお客様の声を入れて、実感を高める場合もあります。

(3) SO:Solution(解決策と根拠)

悩みの解決策を提示します。
ここがあなたのサービスの紹介になります。あなたならではの「なぜ解決できるのか」を書いたり、お客様の声を入れたりしていくと、「あなたを選ぶべき理由」になるわけですね。

(4) N:Narrow down(絞り込み)

ここは少し難しいかもしれません。
誰もがいつでも買えるわけではないことを強調して、購入の背中を押します。「今」買ってもらうための記述ですね。
たとえば「ビジネスエリートのための○○○」として、ビジネスエリートになりたい人の購入を促したり、「先着5名様」といった条件を提示して「今、買わないと買えないかも」と思わせたりします。

(5) A:Action(行動)

サービスの価格や購入方法を提示します。
さらに「今買うと○○○○!」といった特典を用意して、購入を促したりします。

宣伝全般に有効

PASONAの法則は、サービスメニューやセミナー告知文など、商品やサービスの宣伝文全般に使えます。

たとえば、テレビショッピングがおおむねこの流れです。とはいえ、A・SOの部分にお客様の声を入れて実感を強める、P・Aをさらっと流してSOを熱く語るなど、会社によって違いはあります。

この内容とテレビショッピングを見ながら、伝わる文章構成についていろいろ考えてみるといいかもしれません。

「文章構成についてもっと知りたい」という方には、より噛み砕いた構成での文章を、スキマ時間で書けるメルマガ講座を用意しています。

スキマ時間で自作

「難しいからやって」という方には、有料で執筆を代行しますので、ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら