どんな字を書くかわからない言葉を聞いた時の簡単な調べ方|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

どんな字を書くかわからない言葉を聞いた時の簡単な調べ方

あなたは、どんな字を書くかわからない言葉を聞いた時、どうやって調べていますか?

その場で相手に質問できれば何も問題ないのですが、それができない時、どうしていますか?

テープ起こしをしていてぶつかった悩み

私は今、テープ起こしの仕事をしています。

ご存じとは思いますが、「テープ起こし」というのは、録音された音声を、しゃべっている通りに文字に書き起こすことです。昔は音声の録音・再生をテープレコーダーで行っていたことから「テープ起こし」と言うわけですね。

最近はICレコーダーからテープ起こしをすることが多いです。また、デジカメで録画したセミナー動画から、講師がしゃべっている内容をテープ起こしすることもあります。

冒頭の悩みは、私がテープ起こしをしていてぶつかったことなんですね。録音済みの音声を文字に書き起こしていると、言った言葉がどんな字を書くかわからなくても、本人がその場にいないので確認できないわけです。

Google先生に聞く

そんな時、頼りになるのは、Google検索です。
どんな字を書くかわからない言葉が出てきた時は、聞こえたままの言葉を、ひらがなで、そのままGoogle検索に入力して、検索ボタンを押すのです。

たいていの場合、検索結果に「もしかして:○○○○○」という表示がされます。これでどんな字を書くか、わかることがあります。

あるいは、検索された結果の中に、意味が通る表現で、目的の言葉が出てくることがあります。

一発ではうまくいかないこともありますが、似た言葉で2~3回繰り返せば、たいてい目的の言葉が見つかりますよ。

Google検索にはそういう使い方もあるわけですね。

万が一の時は思い出してください

あなたの身にそんな状況が起こることはあまりないでしょうが、もし万が一そんなことがあったら、この記事を思い出していただければ幸いです。

疑問がありましたら、以下までお寄せください。

お問い合わせはこちら