ブルー・オーシャンはどこにあるのか?|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

ブルー・オーシャンはどこにあるのか?

これから起業したい、あるいは起業している、あなた!
あなたは、ブルー・オーシャンって、本当にあると思いますか?

ブルー・オーシャンのイメージ(五井の海)

商品・サービスは、ブルー・オーシャンではない

ご存じとは思いますが、ここでいうブルー・オーシャンというのは、経営戦略論でいう「ブルー・オーシャン戦略」のブルー・オーシャンです。競争のない未開拓市場を、青い海に例えているわけですね。

対して、競争の激しい既存市場のことをレッド・オーシャンといいます。血で血を洗う、競争の激しい既存市場のことを、赤い海に例えているわけです。

つまり、競争の激しい既存市場ではなく、競争のない未開拓市場を探せということですね。

ですが、未開拓市場というのは、そもそも世間に知られていませんから、たとえ競争がないとしても、ビジネスが軌道に乗るまでには時間がかかるでしょう。

また世間に知ってもらえて軌道に乗ったとしても、儲かるとわかれば、後発で参入してくる人は必ず出てきます。しかも後発は、先発の商品・サービスを研究した上で、勝算を持って参入してきます。そうなると、そこで競争が始まります。

つまり、最初はブルー・オーシャンだったとしても、いずれはレッド・オーシャンになってしまうわけですね。

商品やサービスというのは、世に出してお客さんに知られなければ売れません。しかし、世に出して知られるということは、競合相手にも知られるということでもあります。言い換えれば、競争が始まるリスクを伴うということです。

そう考えると、商品やサービスは、本当の意味でのブルー・オーシャンにはなり得ないと思うわけです。

本当のブルー・オーシャンは

では、ブルー・オーシャンはどこにもないのでしょうか?

たとえばiPhone。スマートフォンユーザーは、とにかくiPhoneユーザーが多いなと思っています。

iPhoneだけでなく、MacやiPadなど、アップル社の製品はファンが多いという印象があります。ただ個人的には、製品が支持されているというより、アップル社のファンが多いのかなと思っています。これはiPhone発売前からMacでファンを集めてきた、同社の強みではないでしょうか。

ファンをたくさん集めていれば、競合が出てきても支持されるという典型的な例ですね。競合が出てきても「それでも、あなたから買いたい」と言ってくれるファンがいるって、最強ですよね。

これこそが本当のブルー・オーシャンではないでしょうか。
商品やサービスではなく「人」。「あなたから買いたい」と言ってくれるファンこそが、ブルー・オーシャンなんじゃないかと、私は思います。

ブルー・オーシャンの源泉

「ファンこそがブルー・オーシャン」ということは、ファンが集まる中心にいるあなた自身が、ブルー・オーシャンの源泉ということを意味します。

あなた自身がブルー・オーシャンの源泉であり続けるためにも、あなた自身をもっともっと開示して情報発信していきませんか?

当事務所では、スキマ時間でプロフィールが作れるメルマガ講座を、無料で配信しています。
プロフィールを作り込んで、あなた自身をわかりやすく開示しましょう!

スキマ時間で自作