横浜マラソン2015は公認コースに認定されなかったそうですね|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

横浜マラソン2015は公認コースに認定されなかったそうですね

横浜マラソン2015は、フルマラソンのコースが186.2m不足していたため、日本陸連の公認コースに認定されなかったそうです。

でも、私には何が問題なのかよくわかりません(^_^;)

そもそも何が問題なの?

横浜マラソン2015が公認コースに認定されなかったことで、参加したランナーからは「がっかり」「ショック」という声があがっているそうです。
中には「参加費15,000円を返せ」といった声まで上がっているようです。

でも、そんなニュースを見ても、私にはピンとこないんですね。

なぜか。
それは「公認コースにならないと何が問題なのか」が、マラソン素人の私にはわからないからです。

私なりに調べた結果、問題になりそうなのは

  • マラソン大会の中には、公認コースで規定の記録を出していないとエントリーできない大会がある。
  • そういう大会へのエントリーには、今回の横浜マラソンの記録は使うことができない。

くらいかな?・・・という認識です。

ですが、「それがどういう問題になるのか」といったところまでは、私の頭では思い至らないんですね。
他にもいろいろあるとは思いますし、出場したランナーの皆さんにもそれぞれ思いがあるとは思うんですが・・・

公認大会ではないことは事前に明記されていたそうですので、国際マラソンのような「公認記録」が必要な大会へのエントリーは、横浜マラソンの記録ではもともと無理だったようです。

あなたにとっての「当たり前」を情報発信する

あなたにとっては当たり前のことでも、知らない人には有益な情報って、けっこうあると思うんですよ。現に、私が調べて書いた上記の内容は、マラソン大会に出場する人なら皆さん知っていると思うんですね。

起業を目指していて、ホームページやブログで情報発信したい!でも何を書けば・・・とお悩みの方は、1つの手として、あなたの起業ネタの範疇で「あーあ、やっちゃった」と思ったことを、「なぜそう思ったのか」「何が問題なのか」「どういう対策を講じればいいか」という観点から発信してみるといいと思います。

その情報を「ほしい」と思う人は、きっといると思いますよ。

今回も、マラソン関係のネタで起業したい人(いるかどうかわかりませんが^_^;)が「公認コースにならないと何が問題なのか」「その問題を回避するための対策」をブログにでも書いていてくれれば、少なくとも私にとっては有益な情報でしたので。

私の頭ではまったく思い至らなかったことが「実はこれも問題なんですよ」と書かれていたら、これからマラソンをやろう!という人にとっても、きっと有益なはずです。
もしかしたら「この人から教わろう」ということになるかも・・・

私も自分の専門分野で、そういった情報発信をしていこうと思います。

この記事についてのお問い合わせ・ご意見・ご相談は、以下までお寄せください。

お問い合わせ・ご意見・ご相談はこちら