TwentyThirteen|2013年のWordPressデフォルトテーマ|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

TwentyThirteen|2013年のWordPressデフォルトテーマ

先日の投稿で、「起業を加速するために、WordPress(ワードプレス)で情報発信を始めたい!でも、どんなデザインにしようか・・・」とお悩みの方向けに、

WordPressのデフォルトテーマで始めてみては?

と書きました。
WordPressのデザインに悩んだら

新しいデフォルトテーマならWordPressに最初から入っていますし。

そんなわけで、

デフォルトテーマで始めようシリーズ(全5回)

第3回は、2013年のWordPressデフォルトテーマ「Twenty Thirteen」を紹介します。

Twenty Thirteenとは

「Twenty Thirteen」は、サイドバーのない、スマートフォンで見ているようなレイアウトです。
色合いは、コンテンツ部分は白背景、フッター部分は濃い茶色を背景としていて、メリハリがあります。フッターの背景が黒ではないため、全体的に明るい印象を受けます。

Twenty Thirteenインストール直後

レスポンシブWebデザインに対応しているため、パソコン、タブレット、スマートフォンのどれで見ても、自動的に最も見やすいデザインで表示されます。
・・・というより、どれで見ても同じレイアウトですね(^_^;)。見る機器によって「あれ?こんなホームページだったっけ?」ということはなさそうです。
スマートフォンで見ると、タイトルが長すぎてヘッダー画像とメニューの間に隙間ができてしまっています。タイトルは、スマートフォンで見て1行に収まるよう工夫が必要ですね。

Twenty Thirteenスマートフォンイメージ

管理画面の「外観→カスタマイズ」から、設定で変更できるのは3か所です。

  • ヘッダー画像(タイトルの下の大きな画像)
  • ホームページタイトルの文字色
  • 右サイドバーの表示/非表示

「右サイドバーの表示/非表示」は、「ウィジェット」から「副ウィジェットエリア」にウィジェット(便利機能)を設定すると、コンテンツとフッターが左にずれて、右側にサイドバーが表示されます。このサイドバーはご覧の通り、フッターをブチ抜きます(笑)

Twenty Thirteen右サイドバー付き

ヘッダー画像については、表示しない設定もできます。タイトルの文字が大きいので、色を工夫すればインパクトは出せます。

Twenty Thirteenヘッダー画像なし

Twenty Thirteenの特長

デフォルトテーマですので無料です。現在(2015年2月28日現在)のWordPressには同梱されていますので、管理画面の「外観→テーマ」での切り替えだけで使えます。
※管理画面から「外観→テーマ」を選択し、インストールされているテーマの中から「Twenty Thirteen」を探して「有効化」を押します。

またWordPress公式サイトの運営チームが制作していますので安心して使え、不具合などもバージョンアップされます。

ただし、デフォルトテーマですので、「誰もがよく見るデザイン」です。インストール直後の設定のまま使うのは、あまりおすすめしません。
とはいえ、管理画面の設定で色や画像を変更できるのは、ヘッダー画像と、ヘッダー画像に重なっているホームページタイトルだけですので、変更の自由度はかなり低いです。

ですが逆に言えば、ヘッダー画像以外に作り込む所はないのですから、がっつりとヘッダー画像を作り込みましょう。

ヘッダー画像を模様にするのも1つの手です。
(ヘッダー画像は、私の自作です)

Twenty Thirteenヘッダー画像を模様にした

ヘッダー画像に写真を使うなら、タイトルが見えなくならないよう、薄くぼかすといいかもしれません。
(ヘッダー画像は、私の自作です)

Twenty Thirteen写真をぼかしたヘッダー画像

ヘッダー画像をがっつり作り込んだら、あとは情報発信に力を注ぎましょう。コンテンツが大きく見やすいので、発信した情報が読みやすいはずです。

あなたも、お金をかけずに手早く、情報発信を始めませんか?

その他のデフォルトテーマ

他のデフォルトテーマについても知りたい方は、こちらをご覧ください。
(青文字&アンダーライン付きのデフォルトテーマは執筆済みです)

迷ったら、ご相談ください。

ご相談はこちら