WindowsUpdateは1回とは限らない|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

WindowsUpdateは1回とは限らない

Windowsユーザーのあなた!
今日のWindows月例アップデートは済ませましたか?

1回終わった?

すばらしいです。
でも、それだけで安心しないでくださいね。

私はWindows7ユーザーですが、今回(2015年2月)のWindows月例アップデートは3回やる羽目になりました。

おかげで、今日の早朝電話相談の開始時刻が予定より10分以上遅れてしまいました。
(言い訳です)
※早朝電話相談は、2015年3月10日(火)をもって終了させていただきました。

今回のアップデートの経過はこんな感じです。

1回目
21件のアップデートがあり、そのうちの20件があらかじめ選択状態(1件は未選択状態)だったので、まず20件をアップデート。その後再起動。
(アップデートの詳細内容は割愛します)
2回目
1回目で未選択状態だった1件を設定で選択してアップデート。その後再起動。
(Windows 7 for x64 Based System用更新プログラム:KB3021917)
3回目
これは私も予想外でした。1件のアップデートが通知されたので、アップデート。これだけは再起動は不要でした。
(Windows 7 for x64 Internet Explorer 11のセキュリティ更新プログラム:KB3034196)

心配になったので、手動でWindows Updateを立ち上げて「更新プログラムの確認」を実行し、これ以上の更新プログラムがないことを確認しました。

Windows Updateが1回終わったからといって、それで全ての更新プログラムが適用されたとは限りません。

たとえば、2回目が終わるまで3回目のアップデートが通知されなかったのは、2回目の更新プログラムが適用されていないと3回目の更新プログラムが適用できないからです。

更新プログラムには、適用する順番があり、同時には適用できない更新プログラムもあるのです。
だから1回では適用しきれない場合もあるんですね。

・・・ただ、理屈ではわかっていても、何回もやるのは面倒なんですよね。時間もかかりますし。

ですが、これをしっかりやっておかないと、そこからウイルスに感染する危険性なども出てきます。
1回終わったからといって安心せず、「更新プログラムがありません」と出てくるまで何度でもWindows Updateを行いましょう。

月例アップデートのような大量の更新は月に1度、第2火曜日の翌日と決まっています(2015年2月11日現在)。いつ来るかがわかっていれば、時間も取れますよね。

Windows Updateはきちんと全部当てて、安心安全なパソコンライフを!

Windows月例アップデートのスケジュールはこちらで確認できます。
セキュリティ情報リリース スケジュール

この記事についてのお問い合わせ・ご意見・ご相談は、以下までお寄せください。

お問い合わせ・ご意見・ご相談はこちら