早起きするための2つのコツPart2|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

早起きするための2つのコツPart2

「早起きしたいけど、どうしても早起きできない!早起きコツを知りたい!!」とお悩みの方は多いと思います。

私は「早起きには大きく2つのコツがある」と思っています。それらを2回に分けて紹介します。

  1. ○○○○を○○する
  2. □□□□□□に□□する

前回は1つ目の「○○○○を○○する」を紹介しました。
早起きするための2つのコツPart1

今回は2つ目の「□□□□□□に□□する」を紹介します。

早朝対応を売りにしてはいますが、私も早起きは何度も挫折しています。特に前の会社では終電帰りの毎日を送っていましたので、なおさらです。
しかし昨年8月に「早起きの技術セミナー」を受講したことで、早起きを続けられるようになりました。

とは言っても、今回紹介する2つ目のコツは、斎藤一人氏(銀座まるかんの社長。自己啓発の本を多数執筆)の本に付属のCDで聞いた内容です。
どの本のCDかは忘れましたが(^_^;)
(ですので、前回リンクを張った「早起きの技術セミナー」主催者のサイトには、今回はリンクを張りませんm(_ _)m。昨日お礼のメールをいただいたんですが・・・)

何だと思いますか?

「□□□□□□に□□する」

千葉県市原市玉前の夜明け

答えは、

目覚めたこと感謝する」

目覚めることが当たり前だと思っていませんか?
眠ったまま目覚めずに冷たくなってしまう人もいるのです。人は誰でも、いつかはそうなる時が来ます。しかも生まれてから日が経つほど、その確率は上がるのです。

そう考えると、「時間通りに起きられない」と悩む以前に、目覚めたこと自体がラッキーとは思いませんか?そう思えれば、よりよく目覚めたい、より早く目覚めたいという気持ちも湧いてくるんじゃないでしょうか。

・・・心に余裕がないと難しいかもしれません。

そんなあなたは、目覚めたら、「目覚めた!ラッキー!」と言ってみましょう。この言葉があなたにしみわたってくれば、少しずつでも目覚めることに前向きになると思います。
言い忘れたら、思い出した時に「目覚めてる!ラッキー!」でもいいでしょう。

早起きを教えている所でも「目覚めたこと自体がラッキー」と教えている所はあまりないんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

あなたも、まず目覚めたこと自体を喜びませんか?
目覚めなくなる時が来る前に。

この記事についてのお問い合わせ・ご意見・ご相談は、以下までお寄せください。

お問い合わせ・ご意見・ご相談はこちら