選ばれるためには、ブレずにやり続ける|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

選ばれるためには、ブレずにやり続ける

先日、インターネットでこんなニュースを見ました。
AKBぱるる、“塩味”カップ麺CMで“塩対応” 役所広司と初共演

AKB48関連で、2014年3月にはこんなニュースもありました。
AKB市川美織、念願の“レモン大使”就任に感激「レモンの上にも3年」

知らない人のためにちょっと解説しますと・・・

「ぱるる」こと島崎遥香さん(AKB48)は、2012年の第3回じゃんけん大会(AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会)で優勝して、シングル「永遠プレッシャー」でセンターを務め、その後のシングルにも選抜され続けている人気メンバーです。
ファンなどへの対応が素っ気ないことから「塩対応」で知られています。

市川美織さん(NMB48)は、もともとAKB48のメンバーでしたが、2013年4月からはAKB48とNMB48を兼任して活動していました。2014年2月の「AKB48グループ大組閣祭り」でNMB48への移籍が発表され、4月からNMB48に移籍して活動しています。AKB48の頃のシングル選抜は1曲だけでしたが、NMB48との兼任以降はNMB48のシングルで毎回選抜されているメンバーです。
「フレッシュレモンになりたいの~」という自己紹介で、レモンキャラとして知られています。

正直なところ、市川さんのニュースは「そういう発想があるのか!」とビックリしました。そもそもレモンに関するイメージガールのような発想が私の中になかったので。

ですが、市川さんのニュースのおかげで、島崎さんのニュースは「ついにきたか」と思いました。いつかは「塩」に関係する何かの仕事をやるんじゃないかと思ってました。

島崎さんは、「塩対応」と言われても「私は私」とマイペースを貫いているようです。
市川さんは、自己紹介の時に「フレッシュレモンになりたいの~」と言い続けて、レモンキャラを確立させています。

2人とも、「ブレずにやり続けている」という点が共通しているんですね。
現在AKB48はグループ全体で400人以上のメンバーがいるそうですので、その中で選ばれたのはすごいと思います。

ブレずにやり続けること自体が1つの差別化であり、選ばれる理由になる。
私も、ブレずにやり続けたいと思います。

この記事についてのお問い合わせ・ご意見は、以下までお寄せください。

お問い合わせ・ご意見はこちら