WordPressで複数の投稿記事を効率よく修正する方法|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

WordPressで複数の投稿記事を効率よく修正する方法

WordPressの複数の投稿記事をまとめて修正していて、「あ゛~面倒くせぇ!」と思ったことはありませんか?

WordPressでは、ある投稿記事の編集画面から別の投稿記事の編集画面に、直接移ることはできません。
いったん投稿一覧画面を再表示する必要があります。

投稿数が多くなって投稿一覧が複数ページになると、投稿一覧画面は1ページ目が再表示されますから、投稿一覧画面でページ送りしてから投稿編集画面を表示しなくてはならなくなります。

複数の投稿記事をまとめて修正したい時は不便ですよね?

そんな時のために、複数の投稿記事を効率よく修正する、簡単な方法をお伝えします。

別ウィンドウで開く

投稿一覧から投稿記事の編集画面を表示する時は、「編集」をクリックしますよね。

この時、「編集」を右クリック(※)して、表示されたメニューから「新しいタブで開く」または「新しいウィンドウで開く」を選択します。
※Windowsの場合です。Macの場合は「Controlキーを押しながらクリック」です。

投稿一覧から「編集」を右クリック

こうすると、投稿一覧画面を残したまま投稿記事の編集画面を開くことができますので、編集終了後に投稿一覧画面を再表示する手間が省けます。

ほんのちょっとしたことですが、多少は楽になりますよ。

注意事項

1つの投稿記事の修正が終わったら、別ウィンドウで開いていた編集画面を閉じてから、次の投稿記事の編集を行うことをおすすめします。

WordPressは投稿記事の内容を「MySQL」というデータベースに書き込んで保存しています。
複数の投稿記事を同時に編集して、保存のタイミングが重なった場合、MySQLデータベースへの書き込みに支障が出て、投稿記事の保存状態に問題が出る可能性が考えられます。
(可能性は、決してゼロではないと思います)

そのような事態を避けるため、投稿記事の編集は必ず、1つだけ行うようにした方が安全です。

冒頭に挙げたWordPressの不便さは、「注意事項」に挙げた問題の可能性を避けるための仕様なのかもしれません。
「不便さ=悪」ではなく、「不便さにも理由がある」と捉えて使っていくことも必要なんですね、きっと。
WordPressに限らず、ですが。

この記事についてのお問い合わせ・ご意見などは、以下で承ります。

お問い合わせ・ご意見などはこちら