プラグインを無効にしたい!でもWordPressにログインできない!?|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

プラグインを無効にしたい!でもWordPressにログインできない!?

先日、「WordPressホームページのログイン画面が表示されなくなった」というご相談をいただきました。

調査したところ、画面にエラーメッセージが表示されており、エラーの発生元はプラグインでした。
そのプラグインはベータ版(※)で、自分の手元にあるWordPressにインストールして有効化しただけで画面にエラーメッセージが表示されるシロモノでした。とはいえ、手元にあるWordPressにインストールした限りでは、ログイン画面は表示されていて、ログインもできていたのですが・・・
※プラグインの検索結果の説明欄に「! ! ! S T I L L B E T A ! ! !」と明記されています。

とにかく、プラグインを無効にすれば解決できる見込みでした。しかし、ログイン画面が表示されないのでログインできない・・・

そこで、WordPressにログインせずにプラグインを無効にする方法を調べて対応したところ、エラーメッセージが消え、ログイン画面が表示されるようになりました。(WordPressへのログインは、お客様にご確認いただきました)
無事解決です。

その時に実行した、「WordPressにログインせずにプラグインを無効にする方法」を紹介します。
※MySQLデータベースを直接編集する方法ですので、お試しは自己責任でお願いいたします。

(1)phpMyAdminを起動し、MySQLにログインする。
※phpMyAdminを起動する方法はレンタルサーバー会社によって異なりますので、詳しくはレンタルサーバー会社のヘルプやマニュアルを参照ください。
※ログイン情報は、WordPressがインストールされているディレクトリの「wp-config.php」に記載されています。

  • ユーザー名:define(‘DB_USER’, ‘○○○○○’);
  • パスワード:define(‘DB_PASSWORD’, ‘○○○○○○○○○’);
  • サーバー :define(‘DB_HOST’, ‘○○○○○○○’);

phpMyAdminログイン画面

(2)WordPressで使用しているMySQLデータベースを選択する。
※MySQLデータベース名は「wp-config.php」に記載されています。

  • define(‘DB_NAME’, ‘○○○○○○○’);

phpMyAdminログイン直後の画面

(3)上記(2)で表示されたテーブルから「wp_options」を選択する。
※正確なテーブル名は「○○○○○options」です。「○○○○○」の部分は、「wp-config.php」に記載されています。

  • $table_prefix = ‘○○○○○’;

テーブル一覧画面

(4)「wp_options」テーブルで、「active_plugins」というoption_nameの項目を探し、「編集」をクリックする。
※「キーでソート」で「option_name(昇順)」を選択すると、一番上に表示されます。

テーブル項目一覧画面

(5)編集画面で、「option_value」の内容をバックアップ(=全てをテキストエディタにコピー&ペーストして保存)する。

(6)編集画面で、「option_value」の値を以下のように書き換えた後に「実行」を押す。

  1. 先頭の「a:◇」(◇は数値)の値を1つ減らす。
  2. 無効にしたいプラグインに該当する「i:◇;s:◇:”△△△△△△/○○○○○○.php”;」の記述を削除する。
    i;までを削除します)

テーブル項目編集画面

(例) 「mobile theme switcher 2」プラグインを無効にする場合

a:6:
{i:0;s:19:”jetpack/jetpack.php”;
i:1;s:38:”list-category-posts/list_cat_posts.php”;
i:2;s:37:”maintenance-mode/maintenance-mode.php”;
i:3;s:49:”mobile-theme-switcher-2/mobile-theme-switcher.php”;
i:4;s:43:”post-list-generator/post-list-generator.php”;
i:5;s:41:”wp-multibyte-patch/wp-multibyte-patch.php”;}

     ↓

a:5:
{i:0;s:19:”jetpack/jetpack.php”;
i:1;s:38:”list-category-posts/list_cat_posts.php”;
i:2;s:37:”maintenance-mode/maintenance-mode.php”;
i:4;s:43:”post-list-generator/post-list-generator.php”;
i:5;s:41:”wp-multibyte-patch/wp-multibyte-patch.php”;}

(7)MySQLデータベースをログアウトする。
(画面左上の、左から2番目のアイコンをクリック)

phpMyAdminログアウト

WordPressにログインして「プラグイン→インストール済みプラグイン」を選択してプラグイン一覧を表示すると、上記の対応をしたプラグインが無効になっていることが確認できます。
(画像はありません)

このような対応が必要になってしまった場合、作業代行はお問い合わせフォームからご相談ください。
(対応は有料です。)

ご相談はこちら