ブログのネタ切れを防ぐために、私が実践し始めた3つの方法|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

ブログのネタ切れを防ぐために、私が実践し始めた3つの方法

WordPressなどでブログを書いていて、ネタ切れしてしまい、「次は何を書こうか・・・」と悩んでいませんか?

実は私も、数か月前からそんな状態です(苦笑)
しかし、トップページに「作りっ放しに、しない!」と書いておきながら

コレではまずい!

・・・と思い、打開策を考えました。

実践し始めた打開策は3つ。順番に述べていきます。

1.タイトルだけメモる

私の場合は「何について書こうか」が思いつかない場合が多いため、書くネタを思いついたらすぐメモすることにしました。
始めたばかりなので、まだネタは貯まっていません。

2.毎日、ライティングの時間を設ける

1日の中で、「この時間帯は必ずライティングをする!」という時間を設けることにしました。

こちらは昔、本で読んだ方法です。(たしか子供の頃だったと思います)
イギリスの作家サマセット・モームは、毎日タイプライターで小説を書く習慣をつけていたそうですが、書くことが思いつかない時は「サマセット・モーム、サマセット・モーム、・・・」と自分の名前をタイプライターで打ち続けたそうです。

「書くことがないから今日は書かない」ではなく、「書くことがなくても、決めた時間は必ず何か書く」という習慣をつけることで、書くことに意識が向いていき、書くためのネタ探しにアンテナを張るようになる・・・といいなぁと思っています。

3.SEOをやめる

「ホームページ制作屋としてそれでいいのか」という内容ですね(滝汗)

しかし、文章を書けなければSEOなんて考えようがありませんよね?

それに、そもそもSEO(検索エンジン最適化)というのは、発信した情報を、必要としている人に、より確実に届けるためのものです。発信した情報を検索結果の上位に表示させる工夫というのは、自分の商売を売り込むためではなく、検索ユーザーの利益のために行うべきものなのです。

逆に言えば、発信した情報が必要としている人に届かないのは「検索エンジンが悪い」と割り切ってしまうのも1つの考え方だと思うんですよ。
どんな情報でも、それを必要としている人は必ずいるはずですから、検索キーワードがどうだとか、最適な文字数が何文字以上だからとか考えるよりも、必要としている人に十分な情報を届けることだけを考えて今すぐ発信する方が建設的だと思いますし、それが究極のSEOになるべきだと思います。

あなたは、ブログのネタ切れを防ぐために、どんなことをやっていますか?

この記事についてのお問い合わせ・ご意見などは、以下で承ります。

お問い合わせ・ご意見などはこちら