Google XML Sitemapsのバージョンアップで、ページがインデックス登録されない!|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

Google XML Sitemapsのバージョンアップで、ページがインデックス登録されない!

こんにちは。ときたです(^^)/

以前の記事で、WordPressホームページの各ページを検索エンジンに認識してもらうために、「Google XML Sitemaps」というプラグインを使ってXMLサイトマップを作成するという方法を紹介しました。

SEOの第2歩・XMLサイトマップの登録(前編)

ところが先日、当ホームページをプチリニューアルした後で、Google XML Sitemapsプラグインをバージョンアップしたところ、5日間ほど各ページのGoogleへの登録数(インデックス登録数)がゼロになってしまいました。

Googleへの登録数がゼロになるということは、「Googleで検索しても検索結果に表示されない」ということです。

事は重大です。

具体的な現象と、対策について書いていきます。

私がやったことは、以下の2点です。

  • 3月29日に、当ホームページのプチリニューアルを行い、既存ページを5ページ削除。
  • 3月30日に、Google XML Sitemapsプラグインを、3.4→4.0にバージョンアップ。

その結果、当ホームページをプチリニューアルする前後のGoogleへの登録数は、グラフの通りとなりました。

Googleへの送信数と登録数

プチリニューアルで5ページ削除したことで、送信数(青線)と登録数(赤線)が一時的に逆転した後、登録数がゼロになっています。数日後に登録数が回復し始め、翌日に登録数が回復しています。

考えられる原因は以下の2点です。

  1. 当ホームページのプチリニューアルに伴い、既存ページを5ページ削除したため、プリチニューアル後のGoogleへの登録数は、実際のページ数よりも登録数の方が多い状態であった。
  2. Google XML Sitemapsプラグインのバージョンアップに伴い、XMLサイトマップのフォーマットが変更になった。
    変更前:全てのURLが、XMLサイトマップに直接記述されていた。
    変更後:ページの種類や投稿月ごとにXMLサイトマップを記述し、それらをXMLサイトマップインデックスから読み込む記述となった。
    (Googleには、XMLサイトマップインデックスを登録)

XMLサイトマップインデックス
XMLサイトマップインデックス(sitemap.xml)

XMLサイトマップ
投稿月ごとのXMLサイトマップ(sitemap-pt-post-2013-10.xml)
※バージョンアップ前は、全てのURLがこのように記述されていました。

しかし、実際のページ数よりも登録数の方が多い状態は、前述のグラフの通り2日間続いていますので、上記1が原因とは考えにくいです。
ですので、原因は上記2である可能性が高いと思われます。

対策はただ1つ。

ひたすら待つ。

これしかありません。
当事務所の場合は5日間で回復しましたが、実際はもっと時間がかかる可能性もあります。しかしそれでも、ページ登録はGoogleがやっていることなのですから、Googleが対応してくれるのを待つしかないのです。

ですが、Googleの対応を待つ間、私達にはもっと、ほかにやることがあるのではないでしょうか?

ほかにできることを進めたいとお考えの方は、ご相談ください。

ご相談はこちら