投稿ページで複数のテンプレートを使い分ける!Custom Post Templateプラグイン|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

投稿ページで複数のテンプレートを使い分ける!Custom Post Templateプラグイン

こんにちは。ときたです(^^)/

投稿ページで、投稿の内容によってテンプレートを使い分けたいと思ったことはありませんか?

WordPressでは、投稿ページではテンプレートを選択することができません。
固定ページではできるんですが・・・

そこで!

インストールして有効化するだけで、投稿ページで複数のテンプレートを使い分けることができる「Custom Post Template」プラグインを紹介します。
※投稿ページ用テンプレートは、別途single.phpをカスタマイズして作成する必要があります。

まず、Custom Post Templateプラグインをインストールして有効化します。

(1)「プラグイン→新規追加」で、検索窓に「Custom Post Template」と入力し、「検索」を押す。

プラグイン新規追加

(2)検索結果から「Custom Post Template」を探し、「今すぐインストール」をクリックする。

プラグイン検索結果

(3)インストール終了後、「有効化」をクリックして有効化する。

プラグイン有効化

次に、single.php を別名でコピーしてカスタマイズします。

(1) single.php を、FTPソフトでダウンロードする。
※場所は「 [WordPressをインストールしたディレクトリ]/wp-content/themes/[テーマのディレクトリ] 」です。

(2)ダウンロードした single.php を、適当なファイル名に変更する。
(例:single-new.php 等)

(3)上記(2)で作成したphpファイルをテキストエディタで開き、先頭に、以下のコードを追加する。

<?php
/*
Template Name Posts: ○○○○○○○○
*/
?>

※「○○○○○○○○」の部分が、投稿画面での選択メニューに表示されます。任意の文字列を設定してください。
※「UTF-8」という文字コードが使えるテキストエディタで作業してください。

(4) その他、必要なカスタマイズを行う。

(5)編集完了したphpファイルを、FTPソフトでアップロードする。
※場所は、上記(1)と同じです。

以上の対応により、投稿ページに「Post Template」というボックスが表示され、テンプレートが選択できるようになります。

新規投稿画面

不明点のお問い合わせや、上記のようなカスタマイズのご要望は、
WordPress専門『使いこなすホームページ』制作屋・ウェブデザインときた
まで、お寄せください。

お問い合わせはこちら