SEOの第3歩・Google Analyticsの設置(前編)|まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市

まず一度、会ってもらえるSEO@千葉県市原市|ウェブデザインときた

お問い合わせはこちら

お問い合わせは、メールでお気軽に

2日後の13:00までに返信します

お問い合わせ用ページ

SEOの第3歩・Google Analyticsの設置(前編)

おはようございます。ときたです(^^)/

前回は、アクセス解析について書きました。
今回から2回に分けて、無料で利用できるGoogleのアクセス解析ツール『Google Analytics』をWordPressホームページに設置する手順を書いていきます。

  • Google Analyticsに、アクセス解析したいホームページを登録する。
  • WordPressホームページに、プラグインを使用してGoogle Analyticsのトラッキングコード(※)を設置する。

※トラッキングコードについては、手順の説明の後で説明します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1) Google Analytics公式サイトにアクセスします。
ログインすると、Google Analyticsの使用開始画面が表示されます。

Google Analytics使用開始画面

(2) Google Analyticsの使用開始画面で、右側にある「お申し込み」ボタンを押すと、新しいアカウントを作成するための画面が表示されます。

新しいアカウント画面・入力前

(3) 新しいアカウント作成画面で、「トラッキング方法の選択」「アカウント名」「ウェブサイト名」「ウェブサイトのURL」「業種」「レポートのタイムゾーン」を設定し、画面左下の「トラッキングIDを取得」を押します。

新しいアカウント画面・入力後

(4) 「Googleアナリティクス利用規約」がポップアップ表示されますので、「同意する」を押します。
 ※初期表示は英語です。「アメリカ合衆国」を「日本」に切り替えれば、日本語表示にできます。

Googleアナリティクス利用規約

(5) 「アナリティクスの新しい管理ページ」という画面が表示されれば、設定完了です!

アナリティクスの新しい管理ページ

この画面に書かれている「プロパティ」は、次回「WordPressホームページに、プラグインを使用してGoogle Analyticsのトラッキングコード(※)を設置する。」で使います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

トラッキングコードというのは、Google Analyticsがアクセス解析を行うのに必要な情報収集のためのコードです。Google Analyticsは、トラッキングコードが実行されたことを記録することで、アクセス解析を行うのです。
ですから、トラッキングコードは、アクセス状況を解析したい全てのページに貼り付ける必要があります。

WordPress以外のホームページでGoogle Analyticsを使う場合は、「以下はトラッキングコードです。・・・」と書かれている枠内の内容を全てコピーして、アクセス解析したい全てのページに貼り付けます。

WordPressの場合、プラグインを使用してプロパティ名トラッキングIDを設定することで、「以下はトラッキングコードです。・・・」と書かれている枠内の内容を全てのページに自動的に貼り付けてくれます。
そのための設定は、次回に説明します。

それでは週の残りも、にこやかに(^^)/